代表挨拶

異なる個性を尊重し 人が主役の会社へ 

近年、急速な技術進歩やグローバル化などの環境変化に対応が求められるIT業界において、私たちは常に最新技術を習得し、それを顧客へ提供することで社会の発展に貢献し続ける企業でありたいと思います。

ただ目まぐるしく変わる環境変化の中においても、変わってはいけない普遍的な価値があると考えております。 ビジネスにおいては、そもそも何のためにビジネスを行うのか?という根底を大切にし、社員、顧客、社会、関わるすべての人を幸福にするという理想を持ち続け事業運営を行う事が重要と考えます。 当社のロゴも「社員」「顧客」「社会」の3者が共存共栄するという意味を込めて作成しました。また共存共栄「co-existence and co-prosperity」 の頭文字を取り社名とさせて頂きました。

いくら時代が進んでも結局は「人」が主役です。「人」が幸福にならない事業は事業とは言えません。

それぞれ個性の違う多様な人材を尊重し、異なる意見を受け入れる風土を保ちながら、社員、顧客、そして当社に関わるすべての人が幸福になるよう、日々最新技術の習得・提供に努力して参ります。                  

代表取締役 新井 健